検索
  • Masaya Sakamoto

恋しちゃったんだ、ここに!


先日、グラサンして、鼻をティッシュで抑えつけ、クシャミ連発しながらオープンカーで颯爽と走っていく花粉症らしきお兄さんを見かけました。 そこまで無理せんでもw 春が来ておりますね〜。 春はウキウキするような名曲がたくさんある季節です。 こないだ街中で流れてたYUIさんの「CHE.R.RY」もそんな名曲の一つだと思います。

う〜ん甘酸っぱ〜い。

2007年に大ヒットしたこの曲ですが、 「この曲はこの部分がなかったらこんなにヒットしなかったかもしれない!」 と、人知れず思ってることがあります。(あくまで個人的に)。 問題の箇所は、 2分37秒〜38秒の 「いつまでも待ってるから」の「から」の部分。 (YouTubeだとshort Ver.しかないのでApple Musicなどで是非聴いてみほしい) ...おわかりいただけただろうか...(怖い話風) よく聴くと絶妙にピッチ(音程)があってないんです。 けっこう上ずっているのです。 最後の盛り上がりに向けて周りの音数が減る、所謂「落ちサビ」で、歌が剥き出しになるこのポイント、 本来ならあんまりピッチよくないとなると録り直すか、修正かましてしまいそうなんですが、ピッチよりニュアンスを重視した素晴らしいディレクションであります! 最高です。 このなんとも言えない不安定さが、曲の世界観にもハマって、世の殿方のハートをブチ抜いた部分は大きいんではないかと。 少なくとも私のハートはバッチリブチ抜かれ、多分どころじゃなくしっかり恋しちゃったんだ。 ここを聴きたくてリピートするくらいである。 今の時代、録り直しも修正も簡単にできてしまうので、自宅で1人ギターを録ったりしてると、ついついアラ探しの耳になって、ちょっとしたミスとかが気になって何回も録り直して、結果、 小綺麗なんだけどちょっと勢いなくなっちゃったな的なことがよくあります。 正確なことが必ずしも正解ではないんだなぁ。 「正しい」よりも「音楽的にイイ!」の感覚を研ぎ澄ませていたいですねー。

歌は特に言葉とも相まってそのニュアンスが如実に現れると思うので、皆さんもぜひこの「音楽的にイイ!」ポイント探して教えてください〜。

ちなみに彼女の同郷の先輩、向井秀徳氏がカバーしてるバージョンが破壊力半端ないですw

早く花見した〜い。

***ご感想・コメントお待ちしております。 SNSでの「いいね!」やシェアも大歓迎です!*** 


31回の閲覧